白川郷の夏
歳時記カテゴリ
春 夏 秋 冬 

白川郷では12月下旬頃から雪が降りはじめます。霊峰白山の麓に位置する白川郷の冬は雪深く、かつては陸の孤島となっていましたが、現在ではスキーや合掌造りライトアップなど、冬ならではの魅力も楽しめるようになりました。

自然の変化

調整用
降雪(写真は12月中旬頃)
降雪
白川郷では12月下旬から3月上旬までの間雪が降ります。白く染まった山々や合掌造り集落等、一面の雪景色が楽しめます。
調整用
つらら(写真は1月下旬頃)
つらら
合掌造り家屋にもツララが見られるようになります。

 

 

降雪(写真は2月初旬頃)
雪深い白川郷
雪に飾られた合掌家屋は一層幻想的な雰囲気となります。観光の際は温かい服装と、路面が凍結し滑りやすくなっている場所もありますので、冬用の長靴や底が深い溝になっている靴等を着用ください。
barの画像

人の営み

調整用
白弓スキー場
白弓スキー場営業開始
白弓スキー場は、その年の積雪によりますが、例年12月下旬〜3月上旬頃まで営業しています。

 

なし
報恩講

 

なし
除夜祭
元旦祭
春駒
春駒
元日の春駒は春駒保存会の一行が合掌集落内を練り歩き、大黒様による「俵ころがし」、舞妓による「春駒」、七福神による「きり大黒」を披露します。
なし
雪下ろし

 

蚕飼い(こがい)祭り 春駒
蚕飼い(こがい)祭り
2月初旬頃、野外博物館 合掌造り民家園にて開催されます。

 

 

なし
文化財防火デー(訓練)
どぶろく仕込
雪さらし
雪さらし
草木染めの反物を雪にさらし発色を促す行事です。2月中旬頃に行われます。

 

 

なし
かってこ雪花火
2月下旬頃、平瀬温泉地区で開催されます。

写真をクリックすると、大きなサイズでご覧いただけます。