最終更新日:2020年12月25日

白川村への観光入込数を公開します。この調査結果は村内における主要な観光地点(合掌集落、平瀬温泉、白山白川郷ワイトロードなど8地点)に入れ込んだ人数を合算して算出されます。

また、2018年から「モバイル空間統計」という情報通信技術を使用し、観光動態調査の手法を刷新しました。こうした民間のビックデータを活用することで、正確で精度の高い観光動態調査が解析できるようになりました。

観光客の推移

  

2022年観光入込客数は、77万人(前年比108.%)

 

2022年白川村観光統計がまとまりました。2022年は新型コロナウイルスによるパンデミックから3年たち、社会情勢が感染対策と社会活動の両立を目指す方針へと転換(エンデミック社会)していきました。その影響もあり白川村では全体入込数が前年比108.5%増の77万人となり観光客入込数は昨年と比較し回復傾向となりました。

 

 新型コロナウイルスの影響がパンデミックからエンデミックに移行したことで全国の国内旅行は2021年と2022年で比較し182%増となりました。村の日本人観光客数においても国の状況に順じ前年対比168%増と順調に回復の兆しをみせています。一方外国人観光客においては1011日から新型コロナウイルスの水際対策が大幅に緩和され、個人旅行者の入国が再開したものの国際線の減便や国ごとの出国制限などにより2022年総観光客数の僅か8%の回復に留まりました。

 

 その他2022年には全国各地で誘客キャンペーンが実施され白川村でも「QRキャッシュレスキャンペーン」「宿泊キャンペーン」を行い誘客促進に努めました。

  

 今後の展望としましては20235月に新型コロナウイルス感染症が5類感染症に移行されたことを皮切りに日本人観光客数及び外国人観光客共に増加することが予想されます。

(単位:千人)

日帰り客 宿泊客 前年比 備考
 2022  721  49  770  183.3%  全国旅行支援(国)、QRキャッシュレスキャンペーン(村)
 2021   383   37  420   59.2%  オリンピック開催 新型コロナ首都圏に緊急事態宣言
 2020

 670
(194)

 40
(8.1)

 710  33.0% 新型コロナ緊急事態宣言 オリンピック延期 Gotoトラベル
2019 2,045
(984)
106
(35.0)
2,151 123.3% 交通対策通年、記録的暖冬、ラグビーW杯、大型宿泊施設開業
2018 1,664
(780)
81
(33.9)
1,745 99.1% 交通対策通年、西日本豪雨
2017 1,666
(613)
95
(37.9)
1,761 97.9% 交通対策通年、白山開山1300年
2016 1,701
(561)
97
(31.1)
1,798 104.1% 交通対策通年、円安、オリンピック
2015 1,642
(235)
85
(28.1)
1,727 115.1% 交通対策通年、円安、ホワイトロード変更、世界遺産20周年、北陸新幹線開業
2014 1,425
(195)
76
(16.7)
1,501 104.8% 交通対策通年、円安、外国人増
2013 1,356
(134)
76
(14.7)
1,432 103.8% 交通対策週末、外国人増、円高不況
2012 1,310
(81)
69
(7.9)
1,379 105.6% スカイツリー、第二東名、オリンピック、円高不況、交通対策19日
2011 1,233
(55)
73
(4.9)
1,306 82.1% 東日本大震災、ETC1000円終了(6月19日)、交通対策19日
2010 1,499
(104)
91
(3.0)
1,590 91.9% 円高不況、交通対策19日
2009 1,643
(72)
88
(4.2)
1,731 93.0% ETC1000円(3月28日)、新型インフルエンザ、円高不況、大型車両規制(9月)、交通対策18日
2008 1,762
(123)
99
(3.9)
1,861 127.1% 高速全線開通(7月5日)、白山白川郷ホワイトロード(増)、交通対策18日
2007 1,373
(119)
91
(2.4)
1,464 99.9% 白山白川郷ホワイトロード(減)、合掌集落(普通 増)、交通対策18日
2006 1,379
(79)
87
(2.4)
1,466 102.0% 交通対策8日
2005 1,356
(50)
81
(1.4)
1,437 99.2% 愛知万博、しらみずの湯・トヨタ白川郷自然學校OPEN
2004 1,384 64 1,448 92.9% アテネ五輪
2003 1,495 64 1,559 100.9% 平瀬バイパス
2002 1,483 62 1,545 108.6% 白川郷IC(11月)、スーパー10月閉鎖
2001 1,358 65 1,423 115.0% ライトアップ予約制、クアハウス閉鎖、新電力館OPEN
2000 1,175 62 1,237 116.7% 平瀬キャンプサイト、福島トンネル、五箇山IC(4月)、清見IC(10月)
1999 1,003 57 1,060 101.2% 白真弓他、荘川IC(11月)
1998 989 58 1,047 97.5%  
1997 980 94 1,074 105.4% であいの館、保存財団設立
1996 886 133 1,019 132.2% 小呂駐車場、道の駅ミュージアム、焰美術館
1995 674 97 771 114.9% 世界遺産登録(12月9日)
1994 582 89 671 120.9% 世界遺産推薦
1993 468 87 555 80.9% であい橋
1992 573 113 686 100.3% 荻町バイパス
1991 565 119 684 102.4% 電力館OPEN
1990 556 112 668 101.2%  
1989 545 115 660 108.6% 大白川露天風、ペアリフト
各年の数値は、1月〜12月を1年として計上しています。
2005年以降の日帰り客、宿泊客下段の緑色の数字は、それぞれの人数に含まれる外国人観光客数を表しています。     外国人観光客への入国対策により、外国人観光客が微々たる状況のため、モバイル空間統計上、外国人観光客数を秘匿処理(デ  
 ータ無しとみなす)しております。

外国人入込み観光客数

 2018
(平成30)
2019
(平成31)
       2020
(令和元年)

      2021
(令和3年)

2022
(令和4年) 
日帰り
宿泊

780,205
  33,906

984,030
35,016
    194,302
        8,111

 ―

 60,632
2,765
814,111  1,019,046     202,413  ―
63,397 
平成30年より、「モバイル空間統計」で統計手法を刷新しました。
2021年の外国人観光客数は、コロナ禍の入国対策により、モバイル空間統計では外国人観光客数を計測できないため、外国人観光客数を秘匿処理(データ無しとみなす)としております。

 

2022(令和4)年の観光統計詳細